検索
  • くつロジ.店主

こんな時だからこそ


本震のあった16日の深夜

母親を連れ出す時に、素足に靴下を履かせ、

いつもの靴を履かせて外へ逃げること数分。

母は足が不自由なこともあって、急ぐこともできず

その数分間はものすごく長く感じました。

陶器などが割れて散乱している状態での

深夜の停電はちょっとしたパニックでした。

枕元に懐中電灯、そして「靴下と靴」

今回の震災で、活躍したもの

母親は靴、私は意外とサンダル

当店のお客様方も同様に、

被災して靴やサンダルが役に立ったと話してくださいました。

こんな時だからこそ、いつも履く靴は重要だということ

もう一度考え直してみてほしいですね。


3回の閲覧